仲の良かった
歯科医師が突然の失踪…

近先生には、仲の良い歯科医師がいました。真面目でやさしく、患者さんからも信頼されているすばらしい先生でした。

しかし、ある日のこと、何の前触れもなく、その先生のクリニックが閉院。設備はそのままで、人だけがいなくなっていたのです…

もう二度と、
こんな状況はみたくない…

「順調そうに見えていたが、そうではなかったのか…」「もし、自分が相談に乗っていたら、何とかできたこともあったはず…」当時、近先生のクリニックは順調だったからこそ、激しく後悔しました。

もう、二度と同じ状況はみたくない。真面目ですばらしい歯科医師が姿を消すなんて、あってはならない!その日から、彼は、臨床家として仕事をしながら、経営に困っている歯科医師の相談に乗る取り組みをはじめますが…

気が付けば、
200医院すべてが増収増益

繁盛クリニックを作り上げたノウハウを、惜しみなく伝え続ける日々。その取り組みが評判となり、相談希望者が増え続けます。

最終的には、歯科医院の経営コンサル会社を立ち上げることになり、気が付けば、コンサルティングした200医院すべてが増収増益。歯科経営の書籍出版、セミナー受講者数3,000人という実績も備わりました。

今回、そんな近先生から、効果実証済み経営ノウハウが学べるようになりました。やみくもにがんばって売上が伸びるほど、医院経営は甘くありません。まずは、売上アップを妨げる真の原因を知ることが大切です。

経営は、医療と同じで万能薬がありません。患者固有に存在する病の原因を明らかにし、それに効く治療法や薬を選ぶ必要があります。

この考え方を経営に活かしたのが、近先生が独自に開発した「切替スイッチ」と呼ばれる手法。クリニックそれぞれに異なる経営の問題点を短時間で診断し、改善する方法です。

200医院すべてを増収増益に導いた、売上アップを加速させる「切替スイッチ」のみつけ方