「義歯臨床のここが知りたい」4,632人の歯科医師に聞いた30の疑問にズバリ回答高齢者のQOLを満たす義歯臨床のヒントが、必ず見つかります

「義歯臨床のここが知りたい」4,632人の歯科医師に聞いた30の疑問にズバリ回答高齢者のQOLを満たす義歯臨床のヒントが、必ず見つかります

  1. 概形印象を、上手に採得するコツとは?
  2. 可動域の記録の重要性と、その方法とは?
  3. 個人トレーは、絶対に必要なのか?
  4. 義歯の支持域は、具体的にどこなのか?
  5. リコールの適切な間隔とは?
  6. リコール時には、何をすべきか?
  7. 義歯の寿命を、どのように判断するのか?
  8. 保険と自費義歯との違いとは?
    どうやって自費義歯を勧めるか?
  9. 就寝時の義歯の装着について、
    どのような指導が必要か?
  10. 義歯の製作において、最大の重要ポイントとは?
  11. 金属床義歯の後縁部は、
    メタルかレジンのどちらがよいか?
  12. リライン時の高径や、咬合関係の変化を
    防ぐ方法とは?
  13. 下顎隆起など、骨隆起が大きい場合は
    どうすればよいか?
  14. 義歯の診療ステップと、その適切な順序とは?
  15. 現義歯の診断は、どこをみればよいのか?
  16. 個人トレーの外形線は、どのように考えるべきか?
  17. 最終印象法は、何がよいのか?
  18. 咬合高径を、どのように決定するのか?
  19. 水平的顎間関係の決定のコツとは?
  20. ゴシックアーチは、必要なのか?
  21. 全部床義歯は、前歯で噛めないものなのか?
  22. 咬合様式は、どうやって選ぶのか?
  23. 上顎シングルデンチャーを、
    成功させるポイントとは?
  24. 部分床義歯の設計で注意すべき点とは?
  25. サベイイングは、必要なのか?
  26. レスト&レストシートは、本当に必要なのか?
  27. 下顎前歯に、レストシートを付与する方法とは?
  28. 選択的加圧印象は、必要なのか?
  29. クラスプの選択基準とは? キャストorワイヤー?
  30. 大連結子の選択基準とは?

明確な回答をお持ちで
なかったとしてもご安心ください

以前、弊社とお付き合いのある歯科医師のみなさまへ、「義歯臨床で知りたいこと」について、アンケートをお願いしました。この30件の質問は、アンケートで、多くの先生が「答えを知りたい」と回答した内容です。つまり、多くの歯科医師が悩んでいることでもあります。

もし、どれか1つでも気になる内容があったなら、また、高齢者のQOLを満たす義歯臨床のヒントをお探しであれば、最後までこのご案内を読み進めてください。義歯臨床における、より有益な情報提供をお約束します。

義歯を必要とする高齢者は
今後も増え続けます

日本が、超高齢社会をむかえていることは、誰もが知る事実です。この傾向は、今後も止まりません。2025年以降、高齢者は、さらに急増すると言われています。現在、多くの高齢者が義歯に頼って生活していますが、今後も、義歯を必要とする方々は増え続けるでしょう。多くのクリニックで、より精度の高い義歯製作が求められる時代となりました。

人生100年時代のQOLを守るために

義歯治療がうまくいかなければ、患者に食事の悩みをもたらします。この問題は大きく、QOLの低下だけではなく、全身の健康状態にまで影響をもたらします。

人生100年時代といわれる今、長寿をまっとうする高齢者は増え続けるでしょう。彼らが、QOLに満たされたセカンドライフを送るには、優れた義歯が欠かせません。

それができるのは、他でもない歯科医師です。人生100年時代を生きる高齢者を幸せにするには、歯科医師である先生の存在が欠かせません。

でも義歯臨床は
手間と時間がかかる

多くの患者さんが、保険の義歯を求めます。しかし、先生もご存じのとおり、義歯製作は手間と時間がかかるわりに、収益性は良くありません。

どれだけ調整を繰り返しても、合わない、痛い、噛めない、外れると訴える患者さん…。お互いが妥協できるポイントを見つけるしかないケースもあるでしょう。

医院経営と、患者さんの健康の両立を考えると、なるべく短期間で、クオリティの高い義歯を製作する必要があります。しかし…

卒前教育では
学べることに限りがある

この問題は、若手歯科医師にとっては、特に重要です。先生がベテランであったとしても、若手歯科医師を雇用するクリニックであれば、同じく無視できない問題です。

近年、義歯の教育が行なわれていた臨床系分野の講義&模型実習に「老年歯科医学」が導入されました。そのため、義歯の講義時間数は全国的に減少。

また、以前は卒業までに、最低1ケースは、上下全部床義歯の臨床と技巧を行なう必要がありました。しかし、現在は、無歯顎患者の減少、臨床実習の制約などもあり、全部床義歯症例が、学生全員に配当されないこともあります。このように、充分な全部床義歯の実習を受けずに卒業する学生が、現在増加しているのです。


義歯に不安を覚える若手歯科医師は増加を続けています
“義歯に不安を覚える若手歯科医師は増加を続けています”

技術が多すぎて
何が正解かわからない

義歯を習得するには、卒後の自発的な学習が欠かせません。だからこそ、義歯臨床テクニックを学ぶための教材や書籍、セミナーは、たくさん存在しています。

しかし、各テクニックは、主張が異なる部分があるため、学べば学ぶほど何が正しいのかわからなくなることも…。いったい何を信じればよいのか? 多くの先生が悩みます。

このように、たくさんの有益なテクニックが存在しているにも関わらず、多くの先生が、義歯臨床の難しさに悩み続けますが、ご安心ください。今回のプログラムがあれば、先生がこれまでに抱えた義歯臨床の多くは、スッキリ解消できます。

義歯治療専門クリニックの
院長が講師

今回のプログラムで講師を務める松田謙一先生は、その歯科医師人生を義歯に捧げているといっても過言ではありません。

大阪大学 大学院 歯学研究科を修了後は、大学附属病院の第二補綴科(義歯を専門とする科)で勤務。その後、助教として、顎口腔機能再建学講座で、教育と研究に10年従事します。

そして、義歯教育団体の「ハイライフデンチャーアカデミー」で学術統括責任者を経て、大阪で義歯治療専門クリニックを開業。これまでに、多くの義歯患者を笑顔へ導いてきました。

松田謙一先生
松田謙一先生
【プロフィール】
卒後、大阪大学附属病院にて、義歯を専門とする第二補綴科で勤務。その後は、助教として、顎口腔機能再建学講座で10年教育と研究に従事し、義歯教育団体である「ハイライフデンチャーアカデミー」で学術統括責任者となる。現在は、大阪で義歯治療専門クリニックを開業。口から美味しく食べられる健康な高齢者を増やしたいと願い、日常臨床にあたりながらも、講演活動を積極的に行なう。
【略歴】
2003年 大阪大学歯学部卒業
2007年 大阪大学大学院歯学研究科 修了 学位取得(歯学博士)
2007年 大阪大学大学院歯学部附属病院 第二補綴科 医員
2008年 公益社団法人日本補綴歯科学会 専門医取得
2009年 大阪大学大学院歯学研究科 顎口腔機能再建学講座 助教
2016年 公益社団法人日本口腔インプラント学会 専修医取得
2017年 一般社団法人日本老年歯科医学会 認定医取得
2019年 公益社団法人日本補綴歯科学会 指導医取得
2019年 医療法人社団ハイライフ 大阪梅田歯科医院 院長 就任
2019年 HILIFE DENTURE ACADEMY 学術統括責任者 就任
2020年 大阪大学大学院歯学研究科 顎口腔機能再建学講座 臨床准教授
【所属・資格】
日本補綴歯科学会 代議員・専門医・指導医
日本老年歯科医学会 認定医
日本口腔インプラント学会 専修医
IADR(International Association for Dental Research)
ICP(International College of Prosthodontists)

なぜ義歯臨床の迷いや悩みが
スッキリ解消するのか?
5つの理由

理由①
「義歯臨床のここが知りたい30選」にズバリ回答

以前、弊社とお付き合いのある歯科医師のみなさまへ、アンケートをお願いしました。それは、義歯臨床について、どのようなことを知りたいですか? というアンケートです。たくさんのご質問をいただきましたが、今回のプログラムは、その中でも、多くの先生がお悩みの内容に絞られています。

つまり、4,632人の歯科医師に聞いた「義歯臨床のここが知りたい30選」にズバリ回答した内容とお考えください。

これからの時代、多くのクリニックに求められる「高齢者のQOLを満たす義歯臨床のヒント」が、たくさん見つかります。

理由②
「全部床義歯」「部分床義歯」の両方が学べる

今回のプログラムは、大きくこの3つのセクションで構成されています。

また、保険の義歯、自費の義歯を問わず役立つ内容が学べるのもポイントです。義歯を、本格的に学ぶうえで、持っておいて損のないプログラムに仕上がりました。

理由③
日常臨床で、すぐに活かせるヒントが見つかる

「義歯臨床のここが知りたい30選」を収録した今回のプログラム。最初からすべてをご覧いただくのもよいですが、まずは、先生が気になるテーマからご覧いただくのもオススメです。

その中には「なるほど! こう考えればよいのか」とうなずき、日常臨床ですぐに活かせる内容もあるはずです。30件すべてのテーマをご覧いただくころには、義歯臨床における視野が広がり、さらにスキルアップできることをお約束いたします。

理由④
若手歯科医師の研修教材としても役立つ

現在、大学でのカリキュラムに「老年歯科医学」が導入され、義歯の講義時間数は、全国的に減少しています。そのため、義歯について充分な知識と技術を持たないまま、現場にたつ若手歯科医師が増え続けています。

今回のプログラムは、ベーシックな内容にもたくさん触れており、義歯臨床の原理・原則的な部分までをも、わかりやすく解説。基礎・基本の習得が重要な、若手歯科医師の研修教材としても役立ちます。

理由⑤
目からウロコの技術をギッシリ収録

このプログラムで紹介されている技術は、絵に描いた餅ではありません。松田先生がこれまでに経験した膨大な義歯臨床と、学術的な裏付けに基づいています。なかには「初めて知った」と感動する内容もあるはずです。

たとえば全部床義歯の
概形印象の場合…

概形印象を行なわない先生もいらっしゃいますが、松田先生はおっしゃいます。

全部床義歯において、概形印象はとても重要です。
概形印象を採得し、そのなかで正しい形の個人トレーを作る…
ここまでのステップで、最終義歯の形態の8割が決定します。

では、具体的に、どのようにして、全部床義歯の概形印象を採得すればよいのか? 多くの先生が、下図ランドマークの把握ができていれば、問題なく印象採得が行なえていると考えます。

ランドマーク

もちろん、この考え方は間違えではありません。しかし、概形印象採得で特に重要となるのは、下図の「前庭部」「舌側溝」。これらの採得に注力することが、より正確な印象採得の近道であると、松田先生はおっしゃいました。

全部床義歯の概形印象において特に大切なのは?

他にも、たくさんの義歯臨床テクニックが学べる今回のプログラム。その収録内容の一部をご紹介すると…

速効氷解!義歯臨床の
「30の疑問・難問徹底解剖

~部分床・全部床のなぜ?をDr.松田がスッキリ解決~

さらに特典映像

「義歯分野におけるオンライン診療の可能性」
~義歯臨床分野でオンライン診療は役立つか?~
(収録時間:23分)
特典1

今、遠隔医療が注目を集めていますが、義歯分野に応用できるのか? 「それはさすがにムリだろう」と思われるかもしれませんが、松田先生のクリニックでは、義歯臨床のオンライン化を実践。その詳細を教えていただきました。

松田先生の映像教材を推薦します

「義歯臨床のステップアップにつながる」

私は松田謙一先生の映像教材を自信を持って推薦させていただきます。松田先生はこれまで、大阪大学の有床義歯講座に在籍され、学生や研修医、若手歯科医師に対する義歯臨床教育に長く携わっていらっしゃいました。その経験からか、彼の講義は経験の浅い歯科医師であっても非常に分かりやすく、難しいことを簡単に理解できる内容となっています。

また、論理性を大切にしているため、義歯臨床の大切なポイントが、まさに“腑に落ちる”ように感じられる点もすばらしいと思います。義歯臨床はどうしても職人技という側面があり、教育としても感覚的な説明が多く、誰でも理解して実践できるように教えるのはとても難しいと言えます。その点、彼の講義では、なぜ? 何の目的で? どうするのか? といったポイントをしっかりと説明しているので、若手臨床家にとって、義歯臨床のステップアップにつながる情報となることは間違いないと思います。ぜひ、義歯臨床で悩まれている多くの歯科医師にこの教材が届くことを願っています。

東京医科歯科大学 口腔デジタルプロセス学分野 教授
金澤 学 先生
「明日からの義歯臨床が楽しくなります」

義歯臨床は、限られたコストで対応しなければいけないことも多く、その中で結果を患者さんに明確に評価される分野です。よってそれぞれの臨床現場に応用可能な基本知識、技術の習得が重要だと考えます。現在、義歯臨床に関するセミナーは多くあり、それぞれに学ぶべき点がある一方で、応用しにくいパッケージ化されたものや、偏った情報がしばし混在していることも事実です。

そこで、松田先生のこのDVDをおすすめいたします。松田先生は義歯臨床に関する情報の偏りについて厳しく認識され、基本的な原則をわかりやすく解説されます。また臨床家として良い意味での個性を持たれており、明日から応用できるポイントや手技についてもヒントをたくさん得ることができます。松田先生の解説に迷わず耳を傾けてください。きっと明日からの義歯臨床が楽しくなります。

Matsumaru Denture Works 代表
松丸 悠一 先生
「幅広い知識、分かりやすい解説、理解しやすい視点で撮影された写真や動画に感銘を受けています」

私は、松田謙一先生の映像教材をご推薦いたします。松田先生は、大阪大学大学院歯学研究科有床義歯補綴学分野に所属し、臨床、研究、教育の各方面で高水準の成果を上げられています。独立された後も、臨床だけでなく、教育に力を入れられており、義歯に関する書籍の執筆、セミナー、オンラインサロンを数多く手掛けられています。

私も、それらのお仕事の一部に協力させていただいておりますが、いつも松田先生の幅広い知識と、それに裏付けされた分かりやすい解説、そして何より魅力的で理解しやすい視点で撮影された写真や動画に感銘を受けています。特筆すべきは、読者・視聴者が何を見たいか、聞きたいかを的確に把握し、最も効果的な視点で解説を行なう能力で、身近で一緒に仕事をさせていただく中で、いつも勉強させていいただいています。以上の理由より、松田謙一先生の本教材を推薦させていただきます。

東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科 部分床義歯補綴学分野
和田 淳一郎 先生
「ここまで公開してしまっていいのか?第一級の講義!」

松田先生のすばらしさは、義歯における(あるいは歯科医療の)すべての事象について、過去の学問的体系を完璧に調べ、ご自身でも日々臨床で実践し、その中で本当に大切な物事の「幹」となる事を追求し深く理解されている事だと思います。まさに温故知新を日々実践されている先生で、教育や臨床、研究に臨む真摯な態度は尊敬以外の言葉がありません。はじめて先生の講義を拝聴した10年位前から私は松田先生を師と仰ぎ今日まで来ていますが、不出来な弟子ゆえ先生のような臨床にはほど遠いものの、義歯を製作した患者様には「先生は神様です」と勘違いされる時もしばしばあります。しかし、僕の力ではないのです、すべて松田先生に教えていただいたことなのです。

今回松田先生のDVDが出ると伺い、いの一番に拝見させていただきましたが、「こんなに安く、こんなことまで公開してしまっていいのか?」と率直に思いました。構成はQ & A形式で我々臨床家にもわかりやすく、また、知りたいトピックスから勉強することもできます。随所に松田先生の義歯臨床のエッセンスが散りばめられたすばらしい内容になっています。このDVDであなたも「神様」になって下さい。

医療法人千志会毛呂歯科医院 院長
毛呂 文紀 先生

レジュメ冊子もプレゼント

レジュメ冊子

収録された講義がまとめられた、レジュメ冊子をお渡しいたします。映像をじっくり視聴するお時間がなければ、まず、この冊子から先に目をとおしてください。そして、気になる個所の映像から視聴していただければ、効率のよい学習が可能です。もちろん、復習用のテキストとしてもご活用いただけます。

時代に求められる歯科医院へ…

この先も、高齢者が増え続けることは、間違いのない事実です。人生100年時代と呼ばれる今、長寿をまっとうされる方々も増え続けるでしょう。

高齢者の方々が、健康で幸せな日々を送るには、優れた義歯を作る歯科医師の存在は欠かせません。食べる喜びを失うことなく、口腔内から患者さんのQOLを守り続ける、そんな歯科医師の存在は、これからますます求められます。

想像してみてください。どこに行っても入れ歯が合わずに悩んでいた患者さんが、先生が作った義歯を入れた瞬間「こんなのはじめて!」と喜び、感謝してくれたら…。とても嬉しいですよね。

先生は、よりいっそう歯科医師の仕事が好きになるでしょうし、患者さんの感動はクチコミとなり、医院の評価をさらに底上げします。そして、より多くの患者さんが、先生のクリニックの扉を開くことに…

数年前から歯科不況が嘆かれていましたが、時代は今、大きく変わろうとしています。ぜひ、今回のプログラムで、義歯臨床の疑問や悩みをスッキリ解消し、増え続ける義歯患者さんを笑顔に導きませんか? そして、時代に求められる歯科医院を目指しませんか?

「本当に納得いく内容なのか?」
と思われた先生へ
60日間返金保証をお付けいたします
(ネット配信版は対象外)

「もしかしたら、もう知っている内容ばかりかもしれない」「内容を理解できるか不安だ」「期待にそえる教材なのか?」など、思われた場合もご安心ください。なぜなら、プログラムの内容に、ご納得できなければ返金させていただくからです。

60日間、じっくりと、ご覧いただき、先生の選択が正しかったかどうかをご判断ください。送料も、返金振込料も、弊社が負担させていただきます。

返金保証が付いている、歯科医師向け教材なんて、ほとんどありません。これは、今回リリースする最新プログラムへの自信そのものです。


安心の60日間返金保証

すでに多くの先生がこの
プログラムへ注目しています

今回のプログラムは、いつもと異なる方法で制作されました。それは、弊社とお付き合いのある歯科医師のみなさまへ、事前に知りたいことを募り、その答えとしてプログラムを作る方法です。

義歯については、すでに多くの教材があるため、このような方法で制作いたしました。すべては、いつもお世話になっている先生へ、よりご満足いただけるプログラムを作るためです。

このような経緯もあり、今回のプログラムは、すでに多くの先生から注目されています。「あのときのアンケートだけど、教材はいつできるの?」というお問合せも、いただいております。

この価格(DVDリリースキャンペーン価格)での販売は、12月15日まで。12月16日以降は、定価の56,980円(税込62,678円)に戻ります。初回在庫(DVD版100セット)がなくなる前にお申し込みください。

速効氷解!義歯臨床「30の疑問・難問」徹底解剖~部分床・全部床のなぜ?をDr.松田がスッキリ解決~DVD

視聴方法を選べます

いつもの安心
DVDでお届け
  すぐに見られる
ネット配信
 
FAX申込みはコチラ(代引のみ) ※クレジット決済のみ
  • DVD3枚組(計276分)
  • 特典映像(23分)+レジュメ冊子(254ページ)
教材内訳
  • 3セクション(計276分)
  • 特典映像(23分)+レジュメデータ(254ページ)
通常価格 56,980円
特別価格 43,980円(税込48,378円)
価格 通常価格 56,980円
特別価格 43,980円(税込48,378円)
あり(購入後60日間) 返金保証 商品特性上なし
  • 送料・代引手数料無料
  • 最短翌営業日出荷
特記事項
  • いつでもどこでも視聴可能
  • PC、タブレット、スマホ対応
  • 視聴期間制限なし
  • ネット接続必須
  • 購入後、専用閲覧ページをご案内

VISA/MASTER/JCB/DAINER/AMEX

※クレジットカードは分割払い・リボ払いもお選びいただけます。
クレジットカードによって、一部ご利用いただけない方法があります。

※安心の暗号化通信を採用しています。
この商品のお申込みフォームは、世界でもトップレベルである、グローバルサイン社のセキュリティシステムを利用しており、個人情報保護、セキュリティ強化のため、SSL暗号化通信を採用しています。お申込みの際に個人情報の漏洩は一切ありません。

6つの安心お届け

追伸

今回の教材も、60日間返金保証がついています(ネット配信版は対象外)。

つまり、先生は、ご自身の選択が正しかったか、60日間かけて、じっくりと判断できます。これは、今回のプログラムが、どれだけ有益なものかを証明する保証でもあります。プログラムを手に入れる上で、先生に一切のリスクはありません。

ただし、初回在庫(DVD版100セット)には限りがあるのでご注意ください。この価格(リリースキャンペーン価格)での販売は、12月15日までとなります。12月16日以降は、定価の56,980円(税込62,678円)に戻ります。

ご興味を持たれましたら、初回在庫(DVD版100セット)がなくなる前に今すぐお申込みください。

視聴方法を選べます

いつもの安心
DVDでお届け
  すぐに見られる
ネット配信
 
FAX申込みはコチラ(代引のみ) ※クレジット決済のみ
  • DVD3枚組(計276分)
  • 特典映像(23分)+レジュメ冊子(254ページ)
教材内訳
  • 3セクション(計276分)
  • 特典映像(23分)+レジュメデータ(254ページ)
通常価格 56,980円
特別価格 43,980円(税込48,378円)
価格 通常価格 56,980円
特別価格 43,980円(税込48,378円)
あり(購入後60日間) 返金保証 商品特性上なし
  • 送料・代引手数料無料
  • 最短翌営業日出荷
特記事項
  • いつでもどこでも視聴可能
  • PC、タブレット、スマホ対応
  • 視聴期間制限なし
  • ネット接続必須
  • 購入後、専用閲覧ページをご案内

VISA/MASTER/JCB/DAINER/AMEX

※クレジットカードは分割払い・リボ払いもお選びいただけます。
クレジットカードによって、一部ご利用いただけない方法があります。

※安心の暗号化通信を採用しています。
この商品のお申込みフォームは、世界でもトップレベルである、グローバルサイン社のセキュリティシステムを利用しており、個人情報保護、セキュリティ強化のため、SSL暗号化通信を採用しています。お申込みの際に個人情報の漏洩は一切ありません。