なぜ、矯正治療をやらない 歯科医師でも、この方法なら 小児の不正咬合に介入できるのか? スポーツ歯科のスペシャリストが 年間400個売れる マウスガード作製法も公開

こんな先生にオススメです

子どもの虫歯が
減り続けている今

子どもの虫歯が減り続けていることは、先生もご存じでしょう。厚生労働省の調査によると、昭和62年の6歳児と平成23年に6歳児では、虫歯の罹患率が半数以下になったと報告されています。

24年間で虫歯の罹患率が91%から42%に減少したのです。昔から開業されている先生ならば、この傾向を肌身に感じているのではないでしょうか?

実際、これまでにお会いした開業歴の長い先生は、みなさん「虫歯で来院する子どもが減った」とおっしゃいます。これは、歯科業界にとって、非常に喜ばしいことですよね。

子どもの虫歯が大幅に減少した事実は、歯科医療の発展だけではなく、多くの国民の意識が高まった結果のように思えます。しかし…

歯列不正の子どもは
増え続けています

小児歯科の分野で、今、新たな問題が注目されています。それは、歯並びに異常がある子どもが増え続けていること。厚生労働省の調査によると、平成17年では、12~15歳で叢生の子どもは34.5%でしたが、平成23年には43.8%に増加していると報告されました。

なぜ、子どもの叢生が増え続けているのか? その理由は諸説ありますが、柔らかい食事が増えた結果、咬む筋肉が退化し、歯列不正の原因となっている話は、先生もどこかで聞いたことがあるはず。

今後、このような研究はますます進み、新たな原因も解明されると思いますが、やはり、先生にとって一番重要なのは、増え続ける歯列不正の子どもを、いかにして救うか? ということでしょう。

歯並びの異常は、見た目だけの問題ではありません。歯列不正をそのままにしておくと、虫歯や歯周病に罹患しやすくなり、顎の成長に問題を発生させるリスクもあります。

保護者の関心は
わが子の虫歯から歯並びへ

子どもの虫歯が減り続け、歯列不正が増え続ける今。また、保護者の意識が高まっている今、多くの親が、わが子の歯並びを気にするようになりました。

先生も、以前と比べて「わが子の歯並びが気になる」という相談が増えたと思いませんか? もし、先生がすでに小児矯正を本格的に扱っているならば、しっかりと対応されていることでしょう。

しかし、矯正治療を本格的に扱っていない場合、返答に迷うこともありますよね。ご安心ください。

今回お伝えする方法を学び、実践すれば、矯正治療を本格的に扱っていなくても、相談した保護者が「なるほど、先生に相談してよかった」と感謝してくれるようになります。

その方法を教えてくれるのが、「みはる矯正・歯科医院」の関根先生。関根先生は、鍼灸師、アスレティックトレーナーの経験を持ち、小児矯正やスポーツ歯科の分野で優れた実績を持つ歯科医師です。

関根陽平(医学博士)

関根陽平(医学博士)
鍼灸師とアスレティックトレーナーの経験を持つ歯科医師。この2つの経験を活かし、オリンピック選手やトップアスリートの専属デンティストとしても活躍。年間400個以上作製されるマウスガードは、多くのアスリートから絶大な評価を得ている。

略歴
1998年 明治鍼灸大学 卒業
2004年 昭和大学歯学部 卒業 
    オンワードスカイラークス チームデンティスト 就任
2005年 福原矯正歯科クリニック 入局
    早稲田大学米式蹴球部BIG BEARS TEAM DENTIST就任
2010年 昭和大学歯学部口腔解剖学教室 歯学博士号 取得
2011年 昭和大学歯科病院スポーツ歯科外来兼任講師 就任
2012年 明治国際医療大学病院 歯科室矯正歯科担当歯科医師
    新東京衛生士学校 非常勤講師 
    日本スポーツ歯科医学会 認定医 
2013年 国士舘大学アメリカンフットボール部チームデンティスト
    みはる矯正・歯科医院 開院
    日本成人矯正歯科学会 認定歯科医師
2014年 Xリーグ BULLS チームデンティスト就任
    日本歯科東洋医学会 認定医 
2015年 大森歯科医師会 理事
2016年 弘前大学医学部社会医学教室 博士(医学) 取得 
    下町ボブスレー・ジャマイカ代表サポート
    日本体育協会公認 スポーツデンティスト
2017年 日本全身咬合学会 理事
    日本成人矯正歯科学会 理事
所属学会
日本スポーツ歯科学会 会員/認定医
日本歯科東洋医学会 理事/認定医
日本成人矯正学会 理事/認定医
日本矯正歯科学会 会員
日本小児歯科学会 会員
顎関節学会 会員
歯科基礎医学会 会員
日本解剖学会 会員
全日本鍼灸学会 会員
日本口蓋裂学会 会員
日本全身咬合学会 理事
論文発表
2010年
  「輸入リンパ管によるリンパ節内リンパ小節の限局性」
  :Dental Medicine Research Vol.30 No.2
2013年
  「上顎左右側切歯の歯根吸収の起因となりうる埋伏犬歯を伴う叢生症例
  A case report of anterior crowding treated with irregular
  alignment of impacted canines」
  :日本成人矯正学会誌
2016年
  「一般住民における歯の欠損及び残存歯数が動脈硬化に及ぼす影響
  :岩木健康増進プロジェクトにおける8年間の追跡研究
  :体力・栄養・免疫学雑誌 Vol.26 No.3 2016
雑誌掲載
2005年
  コーチングクリニック マウスガードの効果について
2016年
  ザ・クインテッセンス 5月号 ジュニア・ユース世代の歯を守る
2017年
  ・デンタルダイアモンド 9月号 スポーツを支える歯科治療
  ・日本歯科評論 10月号ー2018年 3月号 連載
  ・歯科医師だってできる!!漢方薬・鍼灸のイロハ
2018年
  歯科技工 5月号 スポーツマウスガードを正しく理解しよう
受賞
2015年
  日本歯科東洋医学 「学術奨励賞」
2017年
  体力・栄養・免疫学会 学会学術賞(三島賞)

矯正治療を提供する
GPは以前よりも増えましたが…

その一方、医院のポリシーにより「矯正には手をださない」というクリニックもたくさんあります。矯正の導入については、先生の考え方次第なので、私たちは意見するつもりはありません。

しかし、既存患者さんから、わが子の歯並びについて相談を受けたとき、「専門医に相談してください」と対応するのは、本当に適切でしょうか? 多くの患者さんは、矯正専門医やGPの違いを理解しているわけではありません。

長年通い続けている患者さんであればあるほど、先生を信頼して相談するわけです。先生ならば、きっと何か有益な話をしてくれると信じて相談してくるのです。そんな患者さんの期待を裏切らないことは、彼らと強い信頼関係を築く上でとても重要だと思いませんか?

矯正治療を提供していなかったとしても、患者さんが「なるほど、先生に相談してよかった」と感謝してくれる話ができるかどうかは、とても重要だと思いませんか?

矯正治療をやらない歯科医師でも
小児の不正咬合に介入できる方法

歯列不正を完全に治療するならば、矯正治療が必要です。この事実は言うまでもありませんが、今回、関根先生から学べるのは、矯正装置を使用しなくても患者さんに指導できる不正咬合の予防法。

小児の不正咬合の「芽」を早期発見し、不正咬合を生み出す環境的な要因をとり除く方法などが学べます。

たとえば、歯列不正になりがちの子どもの多くが、口呼吸という事実をご存じでしょうか? このような歯列不正につながる口腔習癖を正確に見抜き、是正する口腔マネジメント法などが詳しく学べます。

もちろん、すでに矯正治療をしている先生が、より良い治療結果を得るための方法もギッシリと公開。今回の最新DVDでは、このような特徴を持っています。

収録された内容を理解すれば、矯正治療を扱っていなかったとしても、患者さんへ有益な話ができるようになります。

また、すでに矯正治療をしているならば、小児の不正咬合を矯正するうえで、新たな気づきを得ることになり、よりすばらしい結果がだせるようになるDVDです。さらに…

小児の不正咬合予防に欠かせない
外傷予防について必須となる
「カスタムメイド・マウスガード」
が学べる

近年のスポーツ業界では、口腔とスポーツパフォーマンスとの関連が注目されています。たとえば、咬み合わせの善し悪しが身体能力に影響する話など、先生もこれまでに聞いたことがあるでしょう。

関根先生は、このスポーツ歯科で非常に優れた実績を持つ歯科医師です。歯科クリニックの院長として日常臨床に取り組みながらも、オリンピック選手やトップアスリートの専属デンティストとしてご活躍中です。

そんな関根先生が、もっとも得意とするのが「マウスガード」の作製。主に、外傷予防として使用されますが、関根先生は年間400個以上のマウスガードを作製しています。

今回の最新DVDでは、関根先生のマウスガード作製法も収録しました。このマウスガード作製法は、小児の不正咬合予防に欠かせない外傷予防になるため、学んでおいて損はありません。

また、多くの先生が、マウスガードの作製を面倒に思いますが、関根先生の作製方法はとてもシンプル。すぐに実践できます。収録内容の一部をご紹介すると…

ステージ別
小児不正咬合・予防介入テクニック

矯正をやらないGPでもスタートできる「小児の不正咬合予防法」

特典①
「保護者の相談に対する回答例DVD」

保護者の相談に対する回答例DVD

もし、保護者から、こんな相談があったらどうしますか?

「早くから矯正治療をするメリットとデメリットを教えてください」
「吹奏楽は、顎を傷めやすいのでしょうか?」

この特典DVDでは、小児矯正を取り扱う上で、多くの保護者からいただく質問に対する回答例を、実演形式で収録しています。たとえば、このような質問に対する回答例を収録しています。

さらに…


特典②
「小児の不正咬合Q&A冊子」

小児の不正咬合Q&A冊子

特典①の「保護者の相談に対する回答例DVD」の内容を冊子にまとめたものをプレゼントいたします。

レジュメ冊子の巻末に収載していますので、DVDを観られない環境でも、効率よく復習できます。保護者と良いコミュニケーションを図るためにお役立てください。


特典③
「セミナーレジュメ」

セミナーレジュメ

DVDに収録された関根先生の講義がまとめられた、セミナーレジュメをお渡しいたします。DVDをじっくり視聴するお時間がなければ、まず、この冊子から先に目をとおしてください。

そして、気になる個所の映像から視聴していただければ、効率のよい学習が可能です。もちろん、復習用のテキストとしてもご活用いただけます。


ファミリーデンティストを
目指しませんか?

この先も人口は減り続け、患者数も減り続けるでしょう。それなのに、歯科医院数は増え続ける可能性があります。

このような時代で重要なのは、一人でも多くの新患に来院してもらうことより、一人でも多くの患者さんに、長く通院していただくことではないでしょうか? 小児の不正咬合予防は、この点でとても重要な役割を果たします。

わが子の歯並びに関する親の悩みは深く、最近では、子ども自身も強く気にする傾向があります。だからこそ、子どもの歯並びについて、保護者の悩みへしっかりと寄り添い、適切な不正咬合予防を指導し、結果をだすことは患者さんとの信頼関係構築でとても重要。

地道にこのような取り組みを続けていれば、先生のクリニックは、多くの患者さんから今以上の信頼を得られるようになります。

親、子ども、孫、祖父母全員が、先生のクリニックへ来院し続ける、そんなファミリーデンティストを目指しませんか?

「本当に納得いく内容なのか?
思われた先生へ60日間返金保証を
お付けいたします

「もしかしたら、もう知っている内容ばかりかもしれない…」「内容を理解できるか不安だ…」「期待にそえる教材なのか?」など、思われた場合もご安心ください。

なぜなら、DVD教材の内容に、ご納得できなければ返金させていただくからです。60日間、じっくりとDVDをご覧いただき、先生の選択が正しかったかどうかをご判断ください。

送料も、返金振込料も、弊社が負担させていただきます。返金保証が付いている、歯科医師向け教材なんて、ほとんどありません。これは、今回リリースするDVD教材への自信そのものです。

安心60日間完全満足保証

増え続ける子どもの歯列不正に
手を差し伸べませんか?

虫歯が激減したものの、歯並びに異常のある子どもは増え続けています。これは、厚生労働省の調査でも明らかになっている事実です。

食事や生活の変化により、今後もこの流れは進んでいくように思えますが、矯正専門医を除くと、小児の不正咬合に対応できるクリニックは、それほど多くない現状があります。

歯並びの異常は、見た目だけの問題ではありません。歯列不正をそのままにしておくと、虫歯や歯周病に罹患しやすくなり、顎の成長に問題を発生させるリスクもあります。

このようなリスクから子どもたちを守るためにも、早期から歯列不正の「芽」に気づき、それを予防していく取り組みはとても重要だと思いませんか?

既存患者さんの多くは、他ではなく先生を頼りたいと願っています。彼らの期待を裏切らないためにも、ぜひ、この機会に、小児の歯列不正予防法を学び、実践できるようになりましょう。

本格的に矯正を扱っていない先生でも、DVDで学べる、歯列不正の「芽」を明らかにする方法や口腔マネジメント法であれば、すぐに実践できます。

ご興味を持たれたならば、在庫がなくなる前に、今すぐお申し込みください。

ステージ別小児不正咬合・予防介入テクニック
ステージ別小児不正咬合・予防介入テクニックDVD
[2015_order]
6つの安心お届け

追伸

今回の教材も、60日間返金保証がついています。つまり、先生は、ご自身の選択が正しかったか、60日間かけて、じっくりと判断できます。これは、今回のDVDが、どれだけ有益なものかを証明する保証でもあります。

今回のDVD教材を手に入れる上で、先生に一切のリスクはありません。ただし、在庫には限りがあるのでご注意ください。

ご興味を持たれましたら、在庫がなくなる前に今すぐお申込みください。

[2015_order]