日本臨床歯科学会(SJCD)理事「寺西邦彦」先生が公開“夜間就寝時にパーシャルデンチャーを外すのは、大きな間違いです”もし、欠損補綴でインプラント以外の選択肢が必要になったら、今回お伝えするパーシャルデンチャーの話は重要です…パーシャルデンチャーで20年、30年と予後が良好…その秘訣を、寺西先生から学びませんか?

日本臨床歯科学会(SJCD)理事「寺西邦彦」先生が公開“夜間就寝時にパーシャルデンチャーを外すのは、大きな間違いです”もし、欠損補綴でインプラント以外の選択肢が必要になったら、今回お伝えするパーシャルデンチャーの話は重要です…パーシャルデンチャーで20年、30年と予後が良好…その秘訣を、寺西先生から学びませんか?

パーシャルデンチャーで
こんな間違いをしていませんか?

寺西先生は、おっしゃいました。これらは、すべて間違いであると…。特に「夜間就寝時に装着しない」という考え方は、病院でも入院患者に指示されることが多い、重大な間違い。

「欠損補綴ならインプラントが第一選択」とお考えかもしれませんが、この案内を読み進めることで、パーシャルデンチャーに対するイメージが、大きく変わることをお約束します。

インプラントブリッジ
パーシャルデンチャー
どれが一番良いと思いますか?

寺西先生はおっしゃいました。

欠損補綴の場合、各技術に偏るのは良くない。全体をしっかりと調査し、治療計画を立てることが大前提である。

特定手段に偏った治療だと、偏った結果になることも多いのです。たとえば最近は、「歯を削らない治療」が流行っていますよね。すばらしい治療法の1つだと思いますが、その治療法だけを信じて良いのでしょうか。

症例によっては、現存歯を必要に応じて削ることも大切。残っている歯を守るために削る処置が必要ならば、それは躊躇なく行われるべき。

寺西先生は、このようにおっしゃいましたが、実際に、歯がないところだけを処置した長期症例をみると、結果的に、多くの歯を失っているケースも多くあるとのこと。また、すべての固定性の修復物が万能である保証は、どこにもありません。

ブリッジ、パーシャルデンチャー、インプラントの特性をよく理解し、そのケースに相応しい治療を選択する、また複合的に処置することが、患者満足度の高い結果につながると思いませんか?

欠損補綴において、包括歯科診療の考え方は欠かせません。そこで、今回お伝えしたいのは、欠損補綴の選択肢の1つである「パーシャルデンチャー」についてですが…

今こそパーシャルデンチャーを
学びなおすべき3つの理由

理由①
症例ごとに適切な欠損補綴が可能になる

欠損補綴の第一選択といえば、インプラントとなる世の中です。寺西先生も、インプラントを第一選択と考えていますが、だからといって、パーシャルデンチャーなどの義歯が劣っているわけではありません。

実際、寺西先生のクリニックには、インプラントが普及していなかった30年以上前に、パーシャルデンチャーを入れて、現在も予後良好な患者さんがいます。

欠損補綴において重要なのは、症例ごとに適切な治療法が選択されること。過酷な力学的条件の口腔内で長期にわたって機能し、良好な予後を得るには、異常な力を緩衝できる可撤性修復物のパーシャルデンチャーも重要な選択肢の1つです。

理由②
超高齢社会において重要となる技術

厚労省の平成28年歯科疾患実態調査によると、8020達成者の割合は、51.2%。平成23年の調査では40.2%でしたが、11%も向上しています。つまり、80歳の半数以上の方が8020を達成。

8020運動がはじまった1989年は、10%にも満たなかったことを考えると、これは、とても喜ばしい結果だと思いませんか?超高齢社会をむかえた日本を、先生たちの治療のおかげで、これからも8020達成者は増え続けるでしょう。

そうなると、総義歯だけではなく、インプラント、ブリッジ、パーシャルデンチャーなど、欠損に対する補綴治療の需要は、今後も拡大することが予測できます。また、認知症や寝たきりなどになる前は、インプラント抜去の必要もありますから、「歯の終活」においても、パーシャルデンチャーの役割は、大きくなると思いませんか?

理由③
適切な治療をすればすばらしい予後が得られる

多くの先生は、パーシャルデンチャーは装着感が悪く、よく噛めないというイメージをお持ちです。しかし、寺西先生は、パーシャルデンチャーについて、このようにおっしゃいました。

適切に治療すれば、異物感がなく、十分な咀嚼が可能となり、良好な食生活を営める。現存する天然歯を保全し、長期に渡る良好な予後を得ることは可能である。

実際に、寺西先生のクリニックで、もっとも経過観察の長い症例は、キャストパーシャルデンチャーの35年。他にも、20年、30年と、長期間の予後が良好なパーシャルデンチャー症例を、数多くお持ちです。

なぜ、このようなすばらしい結果が得られるのか? 寺西先生から、その方法が学べるプログラムを、今回新たに制作しました。

寺西邦彦先生
寺西邦彦先生
【プロフィール】
歯科医院の数がコンビニよりも多い東京都心部で、40年近く歯科医院を経営。その優れた技術と実績によって、多くの患者さんから20年、30年と長期間選ばれ続ける。臨床家としてだけではなく、書籍や論文の執筆、講演、学会発表などの活動にも精力的に励み、欠損補綴の名医として、その名を広く知られている。日本臨床歯科学会(SJCD)の理事。
【略歴】
1973年
私立武蔵高校卒業
1973年
日本大学歯学部入学
1979年
日本大学歯学部卒業
1980年
阿部晴彦先生に師事、東京歯科研究会にて阿部晴彦総義歯
セミナーのインストラクター(1981年~1987年)
1982年
南カリフォルニア大学歯学部C.E. Program(Special curriculum in Prosthodontics & Periodontics)に留学
Dr. Bernard Levin, Dr. Max B.Sosin, Dr. Raymond L.Kimらに師事。
1983年
東京都港区赤坂に開業、現在に至る。
1994年
~2001年
ノーベル・バイオケア・ジャパン認定インストラクター
ブローネマルク・システム・インプラント
Step By Stepコース主催
2002年
O.S.I.東京インプラントセミナー主催
Astra Tech インプラント認定インストラクター
【所属学会・役職】
日本顎咬合学会会員(指導医)
日本臨床歯科学会指導医、理事(S.J.C.D.International)
スタディーグループ赤坂会顧問
Academy of Osseointegration正会員
OSI東京主幹
日本補綴歯科学会、日本歯周病学会、日本矯正歯科学会会員
【講演】
(国内)
1984年より現在まで全国各地にて約500回以上の講演を行う

(海外)
1993年 FDI 81st World Dental Congress(Gothenburg, Sweden)
2006年 Astra Tech World Congress(New York, USA)
2007年 Beijing Capital University School of Stomatology(Beijing, China)
2008年 Shanghai Jiao Tong University College of Stomatology(Shanghai, China)
2009年 Beijing University School of Stomatology(Beijing, China)
2011年 ICOI World Congress XXVIII(Seoul, Korea)
2012年 WCUPS 2012(Jeju, Korea)
2013年 WCUPS 2013(Gyeongju, Korea)
2014年 WCUPS 2014 Congress Chair
2014年 AO Charter chapter UK(London, UK)
【主な著書】
「総義歯に強くなる本」
「ビジュアルセミナー臨床咬合学入門」
「ビジュアルセミナー臨床総義歯学入門」(クインテッセンス出版)
「臨床歯周補綴Ⅱマニュアル&クリニック」(第一歯科出版)
「臨床歯周補綴Ⅲ」(第一歯科出版)
「無歯顎補綴に強くなる本 上下」(クインテッセンス出版)
「アストラテックインプラントのすべて」(クインテッセンス出版)
「10年以上天然歯を守ったパーシャルデンチャーはここが違う」
「10年以上天然歯を守ったパーシャルデンチャーはここが違う2」(インターアクション(株))
※その他文献多数

その名を広く知られる
日本臨床歯科学(SJCDの理事

40年以上の臨床で、多くの患者さんを笑顔に導いてきた寺西先生。臨床家としてだけではなく、これまで多くの知見を日本に広めてきた功績などから、欠損補綴の名医として、その名を広く知られています。

そんな寺西先生から、欠損補綴を詳細に学べることは、このプログラムで何よりの価値でしょう。的確な診査、診断、治療計画に基づいた包括的な歯科治療、そして、精度の高いパーシャルデンチャーの作製技術を、寺西先生から学んでみませんか?

長期間にわたって
予後良好を実現した技術

寺西先生は、パーシャルデンチャーにおいても20年~30年の良好な予後がみられる多くの症例を経験しています。経過観察がもっとも長い症例は、キャストパーシャルデンチャーの35年間。つまり、先生が学ぶのは、すべて実際の治療実績によって裏付けられた、効果実証済みの技術。机上の空論ではありません。

40年以上、欠損補綴の臨床に邁進してきた寺西先生だからこそ伝えられる技術です。

多くの歯科医師に知られていない
「正しいパーシャルデンチャーの技術」

「装着感が悪く、よく噛めない」

多くの先生が、パーシャルデンチャーについて、このようなイメージをお持ちです。しかし、寺西先生の技術を習得すれば、そのイメージは覆ります。なぜなら、異物感がなく、しっかりと咀嚼でき、良好な食生活を、患者さんへ提供できるようになるから。

重要なのは、正しい技術を心得ているかどうかです。しかし、寺西先生がおっしゃるには、残念ながら間違えた知識、技術が広まっているとのこと。

たとえば先生も
パーシャルデンチャーで
こんな間違いをしていませんか?

間違い①
パーシャルデンチャーは欠損隣在歯を削ることがない

これを利点と考えている先生は、たくさんいらっしゃいます。しかし、寺西先生は「大きな勘違い」とおっしゃいます。「欠損隣在歯を削ることがない」ではなく、鉤歯に的確な補綴処置を施し、力学的な配慮をしたパーシャルデンチャーの調整が肝心とおっしゃいました。

間違い②
一番重要なのは「維持」

パーシャルデンチャーでは「支持」「把持」「維持」が重要と言われてきました。そして、多くの先生が「維持」を、最重要と考えます。寺西先生も昔は「動かない方が良い」「取れない方が良い」と思い、維持を重要視してきました。しかし、現在では「支持」こそが、何よりも重要とお考えです。

間違い③
夜間就寝時は、装着しない方が良い

「パーシャルデンチャーは、夜間就寝時も入れるべきだ」と、寺西先生はおっしゃいました。

総義歯で、上下無歯顎の場合ならば、粘膜を休ませる目的で夜間就寝時に外すのも良いでしょう。しかし、部分欠損では現存歯が残っており、パーシャルデンチャーが入ることで、力学的に安定した口腔内を作ります。

パーシャルデンチャーを外して、夜間就寝するということは、力学的に安定しない口腔内で、長時間過ごすことと同じ。その状態で、クレンチングなどが起きたら、どうなるでしょうか? 残存歯の位置移動や破折などの問題が発生することに…。

実際、数ヵ月入院した患者さんが、看護師から「寝ているときは義歯を外してください」と言われ、退院後、口腔内の状態が著しく悪化するようなケースは、めずらしくありません。

他にも、グローバルスタンダードでありながらも、日本ではあまり知られていないレスト設定の考え方など、今回のプログラムでは、多くのことが学べます。

目からウロコの技術を
ギッシリ収録

今回のプログラムは、次のテーマで構成されています。

  1. リムーバブルパーシャルデンチャーを成功させるための臨床的基準
  2. 欠損補綴における診査・診断
  3. 欠損補綴のオプション
  4. 欠損様式とオプション選択のガイドライン(適応症例の選択)
  5. 基本設計
  6. マウス・プレパレーションと構造設計

包括歯科診療の考え方から、重要な選択肢となるパーシャルデンチャーの技術を、詳しく学べる今回のプログラム。寺西先生だからこそ提示できる、長期間の予後良好症例を見ながら、先生は、多くの気づきを得ることができるでしょう。

模型を使った解説や、治療映像なども収録
“模型を使った解説や、治療映像なども収録”

特に、適応症例の選択については、欠損補綴の包括歯科診療で重要です。講義を聞き進めれば、先生は「なるほど!」と、何度も膝を打つことでしょう。収録内容の一部をご紹介すると…

Dr.寺西「欠損補綴の真髄」

~パーシャルデンチャーの可能性と実際~

さらに2つの特典があります

特典①
特典映像
「総義歯補綴臨床を基礎としての
多数歯欠損インプラント補綴」
(収録時間:48分)
特典1

ブリッジ、パーシャルデンチャー、インプラントの特性をよく理解し、そのケースに相応しい治療を選択する、また複合的に処置する。この考えに基づいた治療例として、総義歯補綴臨床を基礎とした、多数歯欠損インプラント補綴症例について、解説していただきました。

特典②
豪華レジュメ冊子
レジュメ冊子

収録された講義がまとめられた、レジュメ冊子をお渡しいたします。映像をじっくり視聴するお時間がなければ、まず、この冊子から先に目をとおしてください。そして、気になる個所の映像から視聴していただければ、効率のよい学習が可能です。もちろん、復習用のテキストとしてもご活用いただけます。

寺西先生の映像教材を推薦します

「どの治療方法が適応なのかを
 分かりやすく網羅されている」

欠損補綴の治療方法は、ブリッジ、インプラント、デンチャー等がありますが、それぞれの治療法を習得するための本やセミナーは数多く存在します。ただ、習得した治療法を臨床に生かすためには、それぞれの治療法の適応を自分の中で整理し、治療計画を立案しなければなりません。

しかし、日常臨床において一口腔内単位での欠損パターンは様々であり、どの治療方法が適応なのかを判断するのが難しい事は、多々あります。そのような先生方に私は寺西邦彦先生のDVDをオススメします。

私にとって寺西先生は、同じ大学の大先輩であり、また寺西先生が1992年に執筆されて「ビジュアル・セミナー臨床咬合学入門」の監修を、私が当時に在籍していた補綴学講座の教授でいらした五十嵐孝義先生がされていたのもあり、25年以上のお付き合いをさせていただいております。その後1998年には「ビジュアル・セミナー臨床総義歯学入門」を執筆されるなど、寺西先生の歯科臨床の歴史は、日本の歯科臨床の変貌の歴史と言っても過言ではありません。

そのような先生だからこそ、あらゆる欠損パターンを分類し、どの治療方法が適応なのかを審査・診断する方法を非常に分かりやすく説明されています。本編では部分欠損についてのお話が網羅されていますが、「全顎補綴の基本は総義歯にあり」と言われるように、特典映像では、総義歯補綴をベースにした全顎補綴のお話もされていますので、見応えのあるDVDとなっています。

青島デンタルオフィス 院長
青島徹児 先生

紹介と長期通院によって成り立つ
歯科医院を目指しませんか?

東京都心部で、40年以上も歯科医院を経営してきた寺西先生。一等地のため、家賃や管理費などだけでも、これまで5億円以上の支払いをしてきました。また、コンビニよりも歯科医院の方が多い激戦区で、開業されています。

それでも、安定した歯科医院経営を実現できているのは、開業当初から、患者想いの欠損補綴治療を提供してきたからと、寺西先生はおっしゃいます。

寺西先生のクリニックを訪れる患者さんのほとんどは、既存患者さんからの紹介。また、20年、30年と通い続ける患者さんが、たくさんいらっしゃいます。

つまり、患者満足度の高い歯科治療を武器に、寺西先生のクリニックは、多くの患者さんから愛され続けているのです。これは、歯科医院経営において、理想的なスタイルではないでしょうか?

今回のプログラムで、その核となる欠損補綴の技術を学び、先生も、紹介と長期通院によって成り立つ、理想的な歯科医院経営を目指しませんか? そして、もっと多くの患者さんを笑顔に導きませんか?

「本当に納得いく内容なのか?」
と思われた先生へ
60日間返金保証をお付けいたします
(ネット配信版は対象外)

「もしかしたら、もう知っている内容ばかりかもしれない」「内容を理解できるか不安だ」「期待にそえる教材なのか?」など、思われた場合もご安心ください。なぜなら、プログラムの内容に、ご納得できなければ返金させていただくからです。

60日間、じっくりと、ご覧いただき、先生の選択が正しかったかどうかをご判断ください。送料も、返金振込料も、弊社が負担させていただきます。

返金保証が付いている、歯科医師向け教材なんて、ほとんどありません。これは、今回リリースする最新プログラムへの自信そのものです。


安心の60日間返金保証

「え!あの寺西先生が登壇するのですか?」

今回のプログラムについて知った先生方から、このようなメッセージをいただきました。

長年、多くの知見を日本に広めてきた寺西先生は、全国にたくさんのファンがいます。また、欠損補綴は、日常的に取り組む分野のため、今回のプログラムは、多くの反響が予測できます。

この価格(DVDリリースキャンペーン価格)での販売は、3月15日まで。3月16日以降は、定価の58,980円(税込64,878円)に戻ります。初回在庫(DVD版100セット)がなくなる前にお申し込みください。

Dr.寺西の「欠損補綴の真髄」~パーシャルデンチャーの可能性と実際~DVD

視聴方法を選べます

いつもの安心
DVDでお届け
  すぐに見られる
ネット配信
 
FAX申込みはコチラ(代引のみ) ※クレジット決済のみ
  • DVD2枚組(計151分)
  • 特典映像(48分)+レジュメ冊子(255ページ)
教材内訳
  • 3セクション(計151分)
  • 特典映像(48分)+レジュメデータ(255ページ/PDFダウンロード)
販売価格 58,980円(税込64,878円) 価格 販売価格 58,980円(税込64,878円)
あり(購入後60日間) 返金保証 商品特性上なし
  • 送料・代引手数料無料
  • 最短翌営業日出荷
特記事項
  • いつでもどこでも視聴可能
  • PC、タブレット、スマホ対応
  • 視聴期間制限なし
  • ネット接続必須
  • 購入後、専用閲覧ページをご案内

VISA/MASTER/JCB/DAINER/AMEX

※クレジットカードは分割払い・リボ払いもお選びいただけます。
クレジットカードによって、一部ご利用いただけない方法があります。

※安心の暗号化通信を採用しています。
この商品のお申込みフォームは、世界でもトップレベルである、グローバルサイン社のセキュリティシステムを利用しており、個人情報保護、セキュリティ強化のため、SSL暗号化通信を採用しています。お申込みの際に個人情報の漏洩は一切ありません。

6つの安心お届け

追伸

今回の教材も、60日間返金保証がついています(ネット配信版は対象外)。

つまり、先生は、ご自身の選択が正しかったか、60日間かけて、じっくりと判断できます。これは、今回のプログラムが、どれだけ有益なものかを証明する保証でもあります。プログラムを手に入れる上で、先生に一切のリスクはありません。

ただし、初回在庫(DVD版100セット)には限りがあるのでご注意ください。この価格(リリースキャンペーン価格)での販売は、3月15日までとなります。3月16日以降は、定価の58,980円(税込64,878円)に戻ります。

ご興味を持たれましたら、初回在庫(DVD版100セット)がなくなる前に今すぐお申込みください。

視聴方法を選べます

いつもの安心
DVDでお届け
  すぐに見られる
ネット配信
 
FAX申込みはコチラ(代引のみ) ※クレジット決済のみ
  • DVD2枚組(計151分)
  • 特典映像(48分)+レジュメ冊子(255ページ)
教材内訳
  • 3セクション(計151分)
  • 特典映像(48分)+レジュメデータ(255ページ/PDFダウンロード)
販売価格 58,980円(税込64,878円) 価格 販売価格 58,980円(税込64,878円)
あり(購入後60日間) 返金保証 商品特性上なし
  • 送料・代引手数料無料
  • 最短翌営業日出荷
特記事項
  • いつでもどこでも視聴可能
  • PC、タブレット、スマホ対応
  • 視聴期間制限なし
  • ネット接続必須
  • 購入後、専用閲覧ページをご案内

VISA/MASTER/JCB/DAINER/AMEX

※クレジットカードは分割払い・リボ払いもお選びいただけます。
クレジットカードによって、一部ご利用いただけない方法があります。

※安心の暗号化通信を採用しています。
この商品のお申込みフォームは、世界でもトップレベルである、グローバルサイン社のセキュリティシステムを利用しており、個人情報保護、セキュリティ強化のため、SSL暗号化通信を採用しています。お申込みの際に個人情報の漏洩は一切ありません。