本格的に「医科歯科連携」に取り組みたい先生へ。なぜ、シンプルなOA治療で医科からたくさんの患者をご紹介いただけるのか?

本格的に「医科歯科連携」に取り組みたい先生へ。なぜ、シンプルなOA治療で医科からたくさんの患者をご紹介いただけるのか?

本格的に「医科歯科連携」に取り組みたい先生へ。なぜ、シンプルなOA治療で医科からたくさんの患者をご紹介いただけるのか?

本格的に「医科歯科連携」に取り組みたい先生へ。なぜ、シンプルなOA治療で医科からたくさんの患者をご紹介いただけるのか?

今、歯科医師が取り組むべき重要な分野

今、歯科医師が取り組むべき重要な分野

先生もご存じのとおり、近年ますます医科歯科連携の重要性が高まっています。「口腔の健康は、全身の健康に影響する」という事実は、今では医科のドクターはもちろん、テレビや雑誌などのメディアを通じて一般にも知られつつあります。

国の政策も多職種連携を強力に推進しているため、今後も医科歯科連携に興味をお持ちのドクターは、歯科、医科ともに増え続けることが予想されます。事実、より良い医療の提供のため、また、他院との差別化や患者不足解消のため、本格的に医科歯科連携に取り組むクリニックは増え続けています。

院長により目的はさまざまですが、「今、取り組むべき重要な分野」として認識が一致しているのは、ほぼ間違いないでしょう。では先生は今、医科との十分な連携が取れていますか?

医科では、「この疾患の治療には、歯科医師の協力が必要だ」「治療に自信のある歯科医師がいれば、患者を紹介したい」と考えるドクターが、以前よりも増えています。しかし、ほとんどの歯科医院では、「連携は重要だ」と考えているにもかかわらず、

「どうやって、コミュニケーションを取ればいいのかわからない」
「専門用語や治療方針に違いがあるのではないか?」
「どんな疾患にニーズがあるのかわからない」

などの理由から、積極的な連携が取れないままでいると聞きます。もし先生に心当たりがあるのなら、今回のご案内はとても重要です。

なぜなら、膨大な患者数が存在し、医科が積極的に治療に関わっているにもかかわらず、対応できる歯科医院がとても少ない「ある疾患」の治療法をお伝えするからです。

医科が積極的に関わる推定患者数「約900万人」の疾患

医科が積極的に関わる推定患者数「約900万人」の疾患

結論からお伝えすると、それは「睡眠時無呼吸」です。現在、国内には、歯科の協力が必要な「閉塞性睡眠時無呼吸(OSA)」の患者が約900万人いると推定されています。

OSAは今、医科のドクターが積極的に治療に関わっている疾患のひとつですが、その理由は、患者数の多さだけではありません。実は、OSAは、深刻な全身合併症を引き起こすリスクが高いことが知られているのです。

たとえば、OSA患者は糖尿病リスクが約1.5倍、高血圧症リスクが約2倍。他にも、心筋梗塞リスクは約3倍、脳血管障害リスクは約4倍も高いことが明らかにされています。

さらに、OSAによる日中の眠気が原因で発生する交通事故の確率は、驚くことに飲酒運転と同等であると言われています。

これらのOSAのリスクは、たびたびテレビや雑誌などのメディアでも取り上げられます。そのため、家族から睡眠時無呼吸を指摘され、治療を希望する患者さんは年々増え続けているのですが…

でも、「CPAP」を選択する患者さんが多いのでは?

でも、「CPAP」を選択する患者さんが多いのでは?

たしかに、医科で提供されるCPAPは、OSAの効果的な治療法のひとつです。しかし、決して万能な治療法というわけではありません。たとえば、装置が大きく装着に時間がかかることは大きなデメリットのひとつ。

旅行好きな患者さんや出張が多い患者さん、手間を嫌う患者さんには、歯科で提供されるマウスピース治療の方が喜ばれます。

また、CPAPのマスクのフィット感や動作音などにストレスを感じる患者さんも、マウスピースを選択することが多いようです。

つまり、優れた携帯性や継続しやすい使用感、比較的安価なことを理由にマウスピースを選択する患者さんもたくさんいるのです。

一般歯科医院がOSA治療を導入するメリットは?

一般歯科医院がOSA治療を導入するメリットは?

一般歯科医院がOSA治療を導入するメリットはたくさんありますが、特に以下の4つは見逃せないメリットです。

1. 手つかずの患者層にアプローチできる
睡眠時無呼吸の治療用マウスピースが保険適用になったのは、今から20年も前のことです。しかし、OSA治療に対応できるクリニックは、今もそれほど多くはありません。
先生のクリニックでOSA治療を提供できれば、患者不足と言われる時代でも、約900万人の新しい患者層にアプローチすることができます。

2. 継続来院する患者を獲得できる
治療用のマウスピースは、作って終わりではありません。装着により咬合を変化させる可能性もあるため、「適切に機能しているか?」のチェックも非常に重要です。この初期のチェックをクリアできれば、患者さんは数年、数十年と安心してマウスピースとお付き合いできます。
丁寧なフォローアップで患者さんと良好な関係を築ければ、定期メインテナンスの提案も受け入れてもらいやすくなるでしょう。

3. 新たな治療も提案できる
睡眠時無呼吸の患者さんは歯周病の他、歯並びや咬合の問題も抱えやすい傾向があります。フォローアップの過程でこれらの疾患を診断、治療できれば、患者満足度の高い治療ができます。

4. 治療の価値で差別化できる
OSA治療に力を入れる医科は年々増加していますが、歯科はまだまだ対応できる数が限られています。そのため、わずかな歯科に紹介が集中している地域も少なくありません。
今から実績を積み重ねれば、近隣の医科から「睡眠時無呼吸治療なら◯◯歯科へ」と真っ先に紹介されるようになるでしょう。

難しい治療なんじゃない?

難しい治療なんじゃない?

もし、こう思われたとしても、ご安心ください。

OSA治療用のマウスピース製作自体は、とても簡単です。しかし、治療の成否を分けるマウスピース適応症の判断、副作用に対する理解、医科歯科連携のポイント、フォローアップなどは少しだけ勉強が必要になります。

そこで今回は、初めて睡眠時無呼吸治療を導入する先生に必要な知識を学べる映像教材をご用意しました。

講師は、多数の睡眠時無呼吸治療に関する講演やセミナーに登壇している、埼玉県にある「パークサイドデンタルオフィス」の院長を務める吉田先生です。

講師紹介

講師紹介

吉田茂治 先生
吉田茂治 先生
吉田茂治 先生
【プロフィール】
日本歯科大学卒業後、東京医科歯科大学顎顔面外科勤務。2002年、埼玉県に「パークサイドデンタルオフィス」を開業。補綴治療や矯正治療はもちろん、口腔外科や睡眠時無呼吸治療、顎関節症治療などにも対応する総合歯科として地域に親しまれている。2021年より、日本臨床歯科学会東京支部(東京SJCD)理事を務める。
【所属】
・東京SJCD
・日本歯科審美学会
・日本顎咬合学会
・日本スポーツ歯科医学会
・日本顎関節学会

吉田先生にOSA治療を学ぶべき「5つの理由」

吉田先生にOSA治療を学ぶべき「5つの理由」

理由①
OSA治療に必要な知識をまとめて学べる

ひと言で「OSA治療」といっても、そこにはさまざまなプロセスがあります。たとえば、医科で睡眠時無呼吸を診断された患者さんが送られてきた場合。歯科では、まず問診、視診、X線検査などの歯科的検査をおこないます。それから、オーラルアプライアンス(OA)治療の適応を診断し、適応であればOAの製作、効果測定、調整へと進みます。

その後も、定期的なフォローアップが重要となりますので、患者さんとのお付き合いは数年、数十年にわたります。

今お話したのは具体的な診療のプロセスですが、他にも、医科から送られてくるレポートの読み方や、依頼状の書き方、患者さんへの説明など、学んでおくべきポイントは多岐にわたります。

本教材は、OSAの病態やメカニズムといった基本から、診断、治療、フォローアップにいたるまで、OSA治療に必要な知識のすべてを吉田先生のわかりやすい解説で学べます。

OSA治療をはじめる上で必要になる知識は、すべて網羅されています
“OSA治療をはじめる上で必要になる知識を解説しています”

理由②
保険適用マウスピースの製作手順もわかりやすく解説

医科から紹介されてくる患者さんの多くは、「医療は保険が当たり前」と考えています。

そこで今回は、健康保険適用の固定式オーラルアプライアンスの製作手順も吉田先生に解説していただきました。

動画セミナーでは、印象採得、模型作成、サベイング、サーモフォーミングなどのポイントはもちろん、OA製作にオススメの材料もお伝えいたします。

この方法なら、初めてOSA治療を導入する先生でも、高品質な保険適用のマウスピースを簡単に作れるようになります。

患者さんが喜ぶ、高品質なOAを簡単に製作できます
“患者さんが喜ぶ、高品質なOAを簡単に製作できます”
患者さんが喜ぶ、高品質なOAを簡単に製作できます
“患者さんが喜ぶ、高品質なOAを簡単に製作できます”

理由③
医科歯科連携のポイントも解説

OSAは、歯科単独で検査、診断を進めるのが難しいため、医科との連携がとても重要になります。しかし、医科との連携の経験が少ないドクターの場合、「具体的にどう連携すればいいのか?」と悩むこともあるかもしれません。

結論からお伝えすると、「医科→歯科」へ紹介が送られてくるケースと「歯科→医科」へ送るケースで連携のポイントが異なります。

たとえば、医科でOSAを診断された患者さんが送られてきた場合。このケースでは、主治医が作成したレポートから必要な情報を読み解き、歯科的検査の結果と合わせ、オーラルアプライアンスの適用を検討します。

逆に、定期メインテナンスの患者さんにOSAの疑いがあり、医科へ睡眠検査を依頼する場合は、スクリーニングの結果と依頼状を準備しなくてはなりません。

これらは医科との連携のほんの一例ですが、今回は、「医科→歯科」と「歯科→医科」の両方のパターンを詳しく掘り下げて解説します。

医科から送られてくるレポートの読み方や、依頼状の書き方、初めて医科とやり取りする場合の注意点など、押さえておくべきポイントをわかりやすく学べます。

OSAはもちろん、それ以外の医科との連携にも役立つ知識です
“OSAはもちろん、それ以外の医科との連携にも役立つ知識です”
OSAはもちろん、それ以外の医科との連携にも役立つ知識です
“OSAはもちろん、それ以外の医科との連携にも役立つ知識です”

理由④
OA治療が奏功しない場合の「次の一手」がわかる

歯科医師が製作するマウスピースは、口呼吸を抑え、鼻呼吸を優先させるための治療器具です。そのため、もともと鼻の通りが悪い患者さんの場合は、マウスピース治療の効果がでないことがあります。

残念なことですが、このような場合は別の治療方法も視野に入れながら、耳鼻咽喉科などと連携していく必要があります。

今回は、OA治療が奏功しない場合の次の一手の考え方や、他科に検査を依頼するときの依頼状の書き方なども解説します。

治療が奏功しない場合の対処法も知っておくことが重要です
“治療が奏功しない場合の対処法も知っておくことが重要です”

理由⑤
吉田先生による患者説明の実演

OSA治療をはじめると、一般的な歯科治療とは異なる患者説明やカウンセリングが必要になります。たとえば、医科から送られてきた患者さんへのマウスピースの提案は、そのひとつです。病気に詳しくない患者さんに対し、「なぜ、マウスピースが有効なのか?」「どんなリスクがあるのか?」など、わかりやすく伝えなくてはなりません。

最初のうちは上手く伝えるのが難しいと感じるかもしれませんが、心配はいりません。なぜなら、吉田先生が患者説明の実演をしてくれたから。今回は、

これら3種類の患者説明の実演を収録しました。

まずは、吉田先生が話す順番を参考にしてみてください。患者さんに寄り添いながら、治療の必要性をわかりやすく伝えられます。

3つのシチュエーションの患者説明を収録しました
“3つのシチュエーションの患者説明を収録しました”

他にも、吉田先生からOSA治療を成功させる秘訣をたくさん学べる今回のプログラム。その一部をご紹介すると…

一般歯科で診る睡眠時無呼吸治療

一般歯科で診る睡眠時無呼吸治療

OSA治療に役立つ「5つの資料」をプレゼント

OSA治療に役立つ「5つの資料」をプレゼント

1. 院内啓発ポスター

院内啓発ポスター

OSAの患者はたくさんいますが、歯科医院で治療を受けられることを知っている人は多くありません。そのため、OSA治療を導入するときは、院内に啓発用のポスターを貼るのが効果的です。院内啓発ポスターはPDFデータでお渡しいたしますので、そのまま印刷してご利用いただけます。
※DVD・VOD共にメールアドレスが必須となります。

2. 睡眠時無呼吸の問診票

睡眠時無呼吸の問診票

睡眠時無呼吸の問診票もプレゼントします。一般的なOSAに関するアンケートと、口腔内の指針をベースに構成されています。問診票の重要な項目は、動画セミナー内でも詳しく解説しています。
※DVD・VOD共にメールアドレスが必須となります。

3. 睡眠時無呼吸チェックシート

睡眠時無呼吸チェックシート

こちらは、患者さんの睡眠時無呼吸のレベルを把握するときに便利なチェックシートです。どのような時に眠気が生じるかを詳細に把握できます。上記の問診票と合わせて活用すれば、より正確な情報を得ることができます
※DVD・VOD共にメールアドレスが必須となります。

4. 医科への依頼書

医科への依頼書

初めて医科へ依頼する場合、「どうやって、依頼書を書けばいいのか?」と迷ってしまうかもしれません。大事なポイントは講義で解説していますが、そのときに使用している依頼書のフォーマットをプレゼントします。この依頼書の内容をベースに、医院の情報に書き換えてご利用ください。
※DVD・VOD共にメールアドレスが必須となります。

5. 医科への報告書

医科への報告書

こちらは、歯科医院で検査をおこなったあと、その内容を紹介元の医科へ報告するときに使用する報告書のフォーマットです。依頼書と同じように、重要なポイントは講義で詳しく解説しています。PDFデータでお渡しいたしますので、必要な情報を書き換えた上でご利用ください。
※DVD・VOD共にメールアドレスが必須となります。

【ご注意ください】
本教材は、集中して講義をご視聴いただきたいとの考えから、講義で使用したレジュメのデータは付属しません。ぜひ、吉田先生が強調する重要なポイントは、メモを取りながらご視聴ください。

山岸先生の治療を受けた患者さんのお声

山岸先生の治療を受けた患者さんのお声

「吉田先生の理路整然としたレクチャーと素晴らしい臨床例も併せてAirway Dentistryを堪能し、理解していただきたい」

近年睡眠障害は様々な社会問題を引き起こしている。その高い頻度の割には原因が呼吸と睡眠にあるとは認知されていない。歯科治療の中においても関心度が低いと言わざるを得ない。これらを考慮して吉田茂治先生はAirwayDentistry をより深く、また補綴的観点からの提案も含め、総合的にアプローチしている。今回は特にAirway の診断からいかに補綴的ソリューションを考えるかを中心に解説していて、その主たるソリューションは舌房のスペースが一つと咬合高径をコントロールして下顎位を前方に無理しない範囲で位置させる等々である。また、従来の咬合再構成の手順を踏んでそのステップも併せて説明していて包括的なAirway Dentistry の取り組み方を先生方の新たなる興味を引き起こしながら解説している。吉田先生の理路整然としたレクチャーと素晴らしい臨床例も併せてAirway Dentistry を堪能し、理解していただきたい。

SJCD最高顧問
原宿デンタルオフィス
院長 山﨑 長郎 先生
【略歴】
・1970年 東京歯科大学卒業
・1974年 原宿デンタルオフィス 開院
【出版物等】
・日本臨床歯科学会 理事長
・iACD 日本支部 会長
・日本歯科審美学会
・日本補綴歯科学会
・日本デジタル歯科学会
・IADFE Asia Regent
「睡眠時無呼吸症候群の歯科治療については、この講義で必要十分です」

パークサイドデンタルオフィス吉田茂治先生の講義を拝聴しました。ここまで、包括的かつ網羅的な講義内容はこれまで聴いた経験がありません。歯科の先生方だけでなく、歯科と医科の連携を有効に行うために医科の医者も知っておくべき知識が多く含まれているように思いました。これだけで、歯科医が知るべき睡眠時無呼吸症候群の診断治療および医科との連携に関する知識は十分だと思います。私は睡眠障害専門のクリニックを運営していますが、クリニックにも睡眠時無呼吸が疑われる患者様が多くいらっしゃいます。ポリグラフ検査を行った結果、重症度からCPAP(持続陽圧呼吸療法)を行うには至らない患者様に対しては、OA(口腔内治療装置)をお勧めしますが、これについて十分な知識をもった歯科医が少ないのも事実かと思います。患者様は齲歯や矯正の治療をしている信頼できる歯科の先生に相談してみるとおっしゃいますが、睡眠時無呼吸症候群の歯科治療はやっていないと言われることもあります。そういった際は私は吉田先生にお願いができて幸運だと思いました。しかし一方でこういった治療ついての十分な知識をもった歯科医が増え、また医科の睡眠時無呼吸の専門医も歯科医がどういった治療ができるのかを詳細に知るという双方向からの知識の拡充が進むことで、結果として潜在的な睡眠時無呼吸症候群をもった患者様をより良い包括的な治療に導くことが可能になるとも考えます。自信をもって、吉田茂治先生のこの講義を推薦いたします。

スリープ・メンタルヘルス
総合ケア すなおクリニック
院長 内田 直 先生
【出版物等】
・東京医科歯科大学非常勤講師
・日本睡眠学会 睡眠専門医
・自治医科大学非常勤講師師
・日本精神神経学会 精神科専門医

睡眠時無呼吸治療を学びこんな結果を手に入れませんか?

睡眠時無呼吸治療を学びこんな結果を手に入れませんか?

これからの時代医科との連携は無視できません

これからの時代医科との連携は無視できません

歯科医療に求められる役割が変わりつつある今、医科歯科連携に興味をお持ちのドクターが増えています。

また、う蝕患者の減少や歯科医院の供給過多による「患者不足」解決の一手として、医科歯科連携に取り組むクリニックも多いと聞きます。

閉塞性睡眠時無呼吸(OSA)の推定患者数は、約900万人以上。

糖尿病や高血圧症、心筋梗塞などの全身合併症のリスクがあることも、広く知られるようになりました。

つまり、患者さんの全身の健康を守るためも、クリニックの経営基盤を強化するためにも、医科歯科連携は無視できない分野なのです。

ぜひ先生も、吉田先生に睡眠時無呼吸治療を学び、これまで以上に医科歯科連携を強化し、多くのOSA患者を救ってあげてください。

この価格(リリースキャンペーン価格)での販売は、5月16日まで。5月17日以降は、定価の64,878円(税込)に戻ります。 初回在庫がなくなる前にお申し込みください

返金保証はありません

返金保証はありません

今回の教材には、1つだけ注意点があります。それは、60日間返金保証が付属しないことです。

その理由は、吉田先生の講義内容は非常に価値ある内容であり、現在多くの患者が睡眠時無呼吸症で困っているから。

今回の映像教材にはそれだけの価値があると私たちは確信しております。こうした理由から、今回のDVD教材に限り60日間返金保証の対象外としました。

一般歯科で診る睡眠時無呼吸治療 一般歯科で診る睡眠時無呼吸治療

視聴方法を選べます

DVD版で申込む FAX申込みはコチラ(代引のみ)

教材内訳

  • DVD2枚組(計214分)
  • 特典データ(5種/ダウンロード)

価格

通常価格 58,980円
特別価格 46,980円
(税込51,678円)

返金保証

なし

特記事項

  • 送料・代引手数料無料
  • 最短翌営業日出荷
教材内訳
価格
返金保証
特記事項
ネット配信版で申込む ※クレジット決済のみ

教材内訳

  • 4セクション(計214分)
  • 特典データ(5種/ダウンロード)

価格

通常価格 58,980円
特別価格 46,980円
(税込51,678円)

返金保証

商品特性上なし

特記事項

  • いつでもどこでも視聴可能
  • PC、タブレット、スマホ対応
  • 視聴期間制限なし
  • ネット接続必須
  • 購入後、専用閲覧ページをご案内

VISA/MASTER/JCB/DAINER/AMEX

※安心の暗号化通信を採用しています。
この商品のお申込みフォームは、世界でもトップレベルである、グローバルサイン社のセキュリティシステムを利用しており、個人情報保護、セキュリティ強化のため、SSL暗号化通信を採用しています。お申込みの際に個人情報の漏洩は一切ありません。

6つの安心お届け

追伸

追伸

初回在庫には限りがあるのでご注意ください。この価格(リリースキャンペーン価格)での販売は、5月16日までとなります。5月17日以降は、定価の58,980円(税込64,878円)に戻ります。

ご興味を持たれましたら、初回在庫100セットがなくなる前に今すぐお申込みください。

視聴方法を選べます

DVD版で申込む FAX申込みはコチラ(代引のみ)

教材内訳

  • DVD2枚組(計214分)
  • 特典データ(5種/ダウンロード)

価格

通常価格 58,980円
特別価格 46,980円
(税込51,678円)

返金保証

なし

特記事項

  • 送料・代引手数料無料
  • 最短翌営業日出荷
教材内訳
価格
返金保証
特記事項
ネット配信版で申込む ※クレジット決済のみ

教材内訳

  • 4セクション(計214分)
  • 特典データ(5種/ダウンロード)

価格

通常価格 58,980円
特別価格 46,980円
(税込51,678円)

返金保証

商品特性上なし

特記事項

  • いつでもどこでも視聴可能
  • PC、タブレット、スマホ対応
  • 視聴期間制限なし
  • ネット接続必須
  • 購入後、専用閲覧ページをご案内

VISA/MASTER/JCB/DAINER/AMEX

※安心の暗号化通信を採用しています。
この商品のお申込みフォームは、世界でもトップレベルである、グローバルサイン社のセキュリティシステムを利用しており、個人情報保護、セキュリティ強化のため、SSL暗号化通信を採用しています。お申込みの際に個人情報の漏洩は一切ありません。

ボタン
ボタン